ナワールの家 / Casa Nahual

Life Share / Share House

南伊豆の森の中、築150年以上 の元茅葺き屋根の古民家を、自ら切り出した無垢の木でリノベーションをした愛のこもったステキなお家。そんな場所で、Nahualのスピリットに共感した者たちが、未来型共同生活から社会での生きる循環を生み出す、シェアハウス「ナワールの家」を運営しています。

    What is …

    自然界って、当たり前にshareして共存しあってる。自分の存在を生かす為に自分を周囲へ活用する。そんな自然の在り方で循環するライフスタイル。人間社会で生きると忘れがちになるshare life 。木が森の中で生活する様に、人も同じ様に生活する。そんな体験を経験出来るナワールの家

    Share …

    個々が分離して、個々で沢山の物を持つよりも、個が持つ1つのものをみんなで活用する。今の地球には、充分過ぎる程に物が溢れている。今以上に物を増やさず、ある物で充分に生きて行ける。大きな物を手に入れるには、時間も労力もお金も掛かる。だけど、既に持っている人がシェアすれば、みんながその物を活用出来る。「自分の物」にしようとせず、「みんなの物」にすれば良い。みんなの持つ物をシェアすれば、自然にECOな状態になる。自然界の大地だって、そもそも「誰かの物」なのだろうか?現代の人間社会では、地球の命の水まで誰かが所有し、お金になる時代。「持つ」いう欲が過度になり、人間が生み出してしまった不自然な現象。今の人間社会の在り方の根源にある、自然界との大きなズレ。

    自然界の生き物たちは、足るを知っている。自分たちが生きる為に、必要な分だけで生きている。個々にあった必要な物を、必要な分だけ持ち消費し、循環させている。そんな在り方が一番負荷を生まず、不和を生まず快適に循環する。人間も自然界の生き物だから、彼らの様にわたし達は人間という在り方で、自然に循環する事が出来る。そんな自然な生き方を、今の現代の生き方に取りいれた、シェアライフスタイル。

    Location …

    海まで、車で約10分ちょっと。伊豆ならではの温泉。夜には満天の星空。山の自然な果樹園には、採り切れないほどのレモン、甘夏の実り

    生活水は、地下水をくみ上げ、自然環境に配慮したエコロジカルな循環システムを採用しています。

    少し不便だけれど、森の木々に囲まれ、本来の循環のなかで、自分と向き合える最高の空間。

    初めて訪ねて来る人達は先ず ナワールの家を取り巻く世界に、「不安」を抱く人、「ワクワク」を抱く人様々。

    例えば、ナワールの家へ至る夜の道。

    闇の中の森に注ぎ込む 満月の光。

    月の光で 草木が光輝く。

    夜露に 光があたり光が輝きを増す。

    聞こえる音は 虫の音。道沿いに流れる 小川の水の音。夜鷹の 声。

    神秘の、神さまの 秘め事の世界。

    そんな世界に美しさを感じる人もいれば、畏怖を感じる人。

    不安を感じる人もいる。

    ナワールの家は そんな 山道の続く先にあるのです。

    もちろん山のなかなので、虫も現れます。

    共に屋根の下で暮らす虫も沢山居ます

    何処からかやって来て お家の中を横断していく虫もいれば
    窓が 空いていたら、家の中を散策しながら
    宇宙飛行して行く 虫もいます。

    虫がいない世界…
    虫がいない
    何故?虫がいないのか…
    それは 虫が 生息できないから

    自然界を 循環させるには 虫達は絶対に必要

    彼らがいるから わたし達は 生きていられる

    人間の創り出した現代の社会で、虫と生活する機会は少ない

    日常に共存することは 違和感があるかもしれない

    だけど 闇雲に 「否定しない」で欲しい
    簡単に 抹消しないで欲しい

    そこに居たら
    そっと 在るべきところへと 戻してあげればいい

    その意識が その敬意が 愛に繋がる

    愛を持って生きるとは そんな些細な相手を想う思いから始まる

    ナワールの家は生きとし生きるものたちが、自然の在り方で共に生きる。そんな生活を営む家です

    How …

    “Re ∞ treatment”

    あるべき循環の流れに乗ることが

    自分本来の自然な生き方であると感じ始めている方に

    わたしたちは、このナワールの家での暮らし、営みを、リトリートという形でシェアしています。

    Re ∞ treatment

    Re -birth treatment

    Re -create treatment

    Re -consciousness treatment

    Re -alization treatment

    Re -fine treatment

    ∞のシンボルは、私たちの持っている可能性

    都市の生活、形骸化したコミュニケーションのなかにいると

    取りこぼしてしまいそうなその感覚を

    このナワールの家での自然という在り方の体験から、再び研ぎ澄まし

    より洗練された世界へと、循環させる存在になってほしいと願うのです

    あなたの感覚に何かが触れたなら、それは何かをtreatment する時かもしれません。自然の中に答えはすべて有ります

    ナワールの扉の向こう側を覗きにきませんか?